ヴェルファイアのハンドルが重い!パワステ故障の修理代は?

ハンドルが重くなった原因はなんなの?このまま乗り続けて大丈夫?

パワステが重くなる原因は
主に3つに絞り込むことができます。


1.電気系統の故障

バッテリー電力でパワステ操作を補助しているモデルがあり、

電動モーター
ECU(コンピューター)
トルクセンサー

のいずれかに
問題が発生している可能性があります。


2.オイル漏れ

エンジンのパワーを利用して、
ハンドル操作を補助しているモデルの場合、
ステアリング部分のオイルが漏れて、
油圧が逃げている可能性があります。



3.パワステギアボックスの故障

ステアリング操作をタイヤに伝える為の部品。

いくつかのギアがかみ合うことで、
ステアリングの回転に合わせて、
車輪の向きを変えています。

ギヤ同士がこすれて摩耗するため、
経年劣化しやすい場所でもあります。




■修理費用

オイルが漏れている場合、車体の下に、
水ではない液体が垂れているはずです。

オイルがどこから漏れているのか、
すぐに特定ができればよいのですが、
複数個所から同時に漏れている可能性もあります。

またオイルが漏れてしまうことによって、
金属部品がこすれやすくなりスラッジとい
金属粉が発生していると話は厄介です。

スラッジがオイルと混ざることによって、
ヘドロのようにドロドロになってしまい、
ステアリング部分全体の洗浄が必要になります。


かなり大掛かりな修理になってしまうので、
工賃だけでも6万円以上かかる可能性があります。

1時間当たりの工賃を休めに見積もって、
8000円として、作業に8時間がかかると、

8時間X8000円 = 64000円

ここにさらに部品交換が加わるようになると、
部品代も追加されることになります。



参考までに、ステアリング周りの部品代の
一般的な価格を上げると、

パワステオイル 2000円弱
パワステギアボックス 10万円前後!
ECUコンピュータ 8万円前後
パワステポンプ 4万円前後

といった価格になるので、
抜本的に症状を治そうと思ったら、
10万円以上かかる可能性があります。




かといって、放っておくのは危険です。

金属部品の摩耗が進んでしまうと、
しまいにはギアが全くかみ合わなくなり、
ハンドル操作が全く効かなくなります。

しかも、ハンドル操作が不能になる状態が、
いきなり現れる可能性もあるので、
早目の修理が必要です。




■車の現在価値を知っておこう

修理にかなりのお金がかかるので、
ここでぜひ考えてもらいたいのが、

・修理して乗り続けるのか?
・買取してもらい、新車購入資金に充てるのか?

です。

いずれにしても、まずやるべきことは、
車の現在の値打ちを知ることです。


仮に5万円の価値しかなかったとして、
10万の修理代を払ったとしても、
車の価値に10万円がプラスされて、
15万円にアップするわけじゃありません。



それならば、修理代10万円に加えて、
車の売却価格5万円をプラスした15万円を、
新車購入の資金に充てたほうが、
合理的じゃないでしょうか?


愛車の価値を正確に知るためには、
とにかく1社でも多くから見積もりを
取り寄せることです。

買取業者によって強み・弱みがあり、

・特定車種を再販するルートを持っている

・他社が査定ゼロでも部品を売れる

・スクラップにして鉄として売る

などなどの違いがあるんです。


10年経過・10万キロ以上の走行でも、
安い業者と高い業者で査定価格に、
10万万円以上も差が出るケースは
珍しくないんです。





■一括見積するのに便利なサイト

複数の業者に見積もりをしてもらうために、
自分の足でわざわざ探し回る必要はありません。

複数業者へ無料で一括見積を出せるサイトがあるので、
このサイトに簡単な情報を入力すればOK。

1.メーカー
2.車種
3.年式(多少ずれていてもOK)
4.走行距離(多少ずれていてもOK)

などの情報を入力するだけで良いので、
スマホでも1分で済ませることができます。


車の価値が良くわかっていないと、
整備業者に足元を見られてしまい、
余計な修理まで追加されかねないので、
修理に出す前にしっかり把握しておきましょう。
↓↓↓












自動車保険に加入する場合、色々と条件を付ける事ができるのをご存知ですか。例えば、家族限定特約とか年齢制限特約とかを付ける事ができます。家族限定とは、その名の通り、運転する人を家族限定にするもので、家族が事故を起こした時は保険を使う事ができますが、家族以外がその車で事故を起こした時は保険を使う事ができません。
従って、その場合は全額自費で車の修理をする必要が出てきます。また、この家族ですが、本人・配偶者・同居の家族・未婚の子どものみとなっているので、結婚した子どもで住まいが別の場合は家族とはみなされず、保険適用にはならないので注意しておきましょう。
年齢制限とは、年齢で保険を使える人を制限するものです。例えば、30歳未満不担保とする場合、29歳は残念ながらその車を運転した時はその保険を使う事ができないというものになっています。
とはいえこれはただ年齢で制限しているだけなので、その条件を満たしている年齢であれば別に家族じゃなくてもその保険を使う事ができるのです。
さて、保険と言えば、誰でも利用する事ができるかと言ったら当たり前ですがそうではありません。
被保険者の条件に合っている人じゃなければそれを利用する事はできないのです。だから、車を運転する場合は、その車の保険の内容から自分が被保険者になれるかどうかをしっかりとチェックしておくようにしましょう。
ちなみに、保険の条件を厳しくすればするほど、保険料は安くなっていきます。しかし、万が一事故を起こした時、被保険者以外の人が運転していると保険を利用する事ができないので、もし被保険者以外が車を運転するという事になったら、ちゃんと保険の条件を変えるようにしましょう。
例えば、子どもが18歳になって車の免許を取得した場合、今までは夫婦限定の保険にして、年齢制限を付けていたとしても、それを変更して家族限定にして年齢制限はなしにするようにしなければなりません。
事故を起こさない時は別にどんな条件であっても問題はありませんが、いざ保険を使う時になって被保険者じゃない時は、場合によってはかなりの金額を自腹で払わなければならなくなる事もあります。
まだ車が壊れただけであればいいのですが、場合によっては相手がケガをしてしまうという事もあり、そういう時の補償額はかなり高額になってしまう場合もあるのです。
それを避けるためにも、その車を運転する可能性がある人全員が被保険者になるように、しっかりと内容を見直しておくのが良いでしょう。

↑このページのトップヘ